全ブランド

  • トライアンフトライアンフ
  • ドゥカティドゥカティ
  • MV AGUSTAMV AGUSTA
  • インディアンモーターサイクルインディアンモーターサイクル

ホワイトハウスグループ トライアンフ正規ディーラー
トライアンフ名古屋イースト

日本限定20台 スクランブラー1200ボンドエディション 誕生

2020年5月22日

20200522_01.jpg

5月21日、トライアンフモーターサイクルズジャパンが「007」 シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル 「Scrambler 1200 Bond Edition」 を発表しました。全世界で限定250台、日本限定20台。メーカー希望小売価格は、2,590,000円(税込)。発売時期は、2020年6月下旬予定です。

20200522_02.jpg

2019年12月、トライアンフは「007」シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと新たにパートナーシップ契約を締結したことを発表し、シリーズ最新作となる第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のダイナミックなアクションシーンでトライアンフのバイクが使用されていることを明らかにしました。

今回のコラボレーションを記念し、英国の老舗バイクメーカーであるトライアンフ・モーターサイクルズから、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」が誕生します。「007」モデル専用のデザインが目を引くこのScrambler 1200は、全世界で250台、日本限定20台のみという大変希少な限定モデルです。Scrambler 1200 Bond Editionは、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のバイクスタントシーンに登場するカスタムのScrambler 1200をイメージして製作されました。Scrambler 1200シリーズ最上位モデルである「XE」の傑出した性能とプレミアムなディテールをすべて踏襲しています。

優美でオリジナリティ溢れるジェームズ・ボンド専用デザイン

20200522_03.jpg20200522_04.jpg20200522_05.jpg20200522_06.jpg

プレミアムな「007」専用ボディワーク

・007のロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー
・ロゴ刺繍入りの高級本革シート
・TFTディスプレイにBond Edition専用スタートアップ画面を採用
・劇中でボンドが駆るバイクをイメージした「007」専用ボディカラー

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のスタントシーンに登場するScrambler 1200をイメージしたScrambler 1200 Bond Editionは、英国を象徴するパートナーシップを記念し、プレミアムなサファイアブラックのボディカラーを纏います。タンクには特大サイズのトライアンフバッジとブラッシュ仕上げのデカールフォイルニーパッド、そしてゴールドの手描きコーチラインが入ります。「007」モデルであることを示すロゴも随所に取り入れられます。美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャーには「007」のロゴがプレス加工され、高級本革シートにはロゴ刺繍が施され、TFTディスプレイには「007」専用のスタートアップ画面が採用されます。

20200522_07.jpg20200522_08.jpg20200522_09.jpg

フィニッシュをブラックアウト

・ブラックアルマイト仕上げのリアマッドガードとハイレベルフロントマッドガード
・エレガントなブラックフォーク
・上質なエンジンバッジにゴールドのアクセント
・ブラックパウダーコートのスイングアームとスプロケットカバー
・ブラックアルマイト仕上げのグラブレール、サンプガード、インフィル

ブラックアウトされた美しいアイテムも、このモデルを引き立てます。プレミアムなリアマッドガード、グラブレール、サンプガートはブラックアルマイト仕上げ、フォークもブラック、上質なエンジンバッジにはゴールドのアクセント、スイングアームとスプロケットカバーはブラックパウダーコートです。ジェームズ・ボンドが持つイメージとブラックアウトされたプレミアムなフィニッシュに相応しく、Bond Editionにはワンランク上のディテールとアイテムが採用されます。ハイレベルフロントマッドガードはブラックアルマイト仕上げ、フォグランプはブラックアルマイトのシュラウド付き、プレミアムなArrowサイレンサーはカーボンファイバーのエンドキャップ付きとしたほか、削り出し加工のフロントブレーキリザーバーやブラックのリアホイールアジャスター、ステンレス製ヘッドライトグリルが装備されます。

20200522_10.jpg20200522_11.jpg

美しいアイテムとディテール

・ブラックアルマイト仕上げのシュラウド付きフォグランプ
・Arrowサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ
・削り出し加工のフロントブレーキリザーバー
・ブラックのリアホイールアジャスター
・ステンレス製ヘッドライトグリル

希少なリミテッドエディション

・全世界で限定250台、日本限定20台
・シリアルナンバー入りプレートと専用バッジ付き
・Bond Edition専用ハンドオーバーパック

Scrambler 1200 Bond Editionの生産台数は全世界でわずか250台であるため、トライアンフモダンクラシックシリーズ随一の垂涎ものの希少モデルとなります。アルミ削り出しのライザークランプにはシリアルナンバー入りの美しいプレートがはめ込まれます。世界に1台だけ、またとない超プレミアムなリミテッドエディションです。
Bond Editionのオーナーには、特別なハンドオーバーパックが手渡されます。ハンドオーバーパックには、トライアンフのニック・ブロアCEOの直筆サイン入りシリアルナンバー証明書、プレミアムなリュックサックが入っています。

Scrambler 1200 XEの傑出した性能をすべて踏襲

20200522_12.jpg

刺激的なパフォーマンス

・2気筒エンジンが繰り出すスリリングなパフォーマンス(90PS/7,400rpm、110Nm/3,950rpm)
・カテゴリーをリードするフットワーク
・クラストップの最先端テクノロジー、スペック、装備
・息をのむScramblerスタイル

Scrambler 1200 Bond Editionは、Scrambler専用チューニングのエンジンがカテゴリートップのトルクを発生します。爆発間隔を270度とし、洗練された6速ギアボックスからスムーズかつリニアなパワー伝達を実現しています。Scramblerのために進化を遂げた1200ccエンジンが90PS @ 7,400rpmを発揮。3,950rpmという低回転で最大トルク110Nmを発生し、オンロード・オフロードを問わず、低速域から中速域にかけて強力なトルクを実感できます。
造形の美しいハイレベルツインエキゾーストシステムはステンレス製ヘッダーパイプを備え、Arrowサイレンサーにはカーボンファイバーのエンドキャップが付属します。Scramblerらしくパンチの効いた野太いサウンドが響きます。
新世代Bonnevilleの例に漏れず、Scrambler 1200エンジンにもライドバイワイヤが採用されるほか、巧みに組み込まれた水冷システムによって性能向上、燃費向上、排出ガス低減を達成するなど、現代のモダンクラシックモデルに欠かせない最先端機能が備えられています。

20200522_13.jpg
劇中で使用されたScrambler1200XE

クラストップのスペックと装備

魅力溢れるScrambler 1200 Bond Editionはトップスペックを誇るScrambler 1200 XEをベースとし、傑出した性能を発揮します。
オフロード性能を重視したScrambler専用シャシーとライダーのための快適なエルゴノミクス、さらにはオーリンズ社とのコラボレーションも加わり、Scrambler 1200 Bond Editionがクラシックとアドベンチャーの良さを兼ね備えたデュアルパーパスモデルとしてずば抜けた実力を発揮します。
Bond Editionはプレミアムなオーリンズ製フルアジャスタブルツインスプリングリアサスペンションユニットとピギーバックリザーバーを搭載。カテゴリートップのホイールトラベル(250mm)とサスペンション性能を誇り、十分なグランドクリアランスで圧倒的なオフロード性能を発揮します。
ハイスペックなのはサスペンションだけではありません。プレミアムなブレンボ製M50ラジアルモノブロックキャリパー、調節可能な折りたたみ式フットコントロール、クラス初採用のチューブレスタイヤ、21インチフロントスポークホイールも装備されます。

Scrambler 1200 Bond Edition

20200522_スペック1.jpg 20200522_スペック2.jpg 20200522_スペック3.jpg

20200522_14.jpg
NO TIME TO DIE © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time To Die)はユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル配給により英国で2020年11月12日に公開され、日本でも東宝東和株式会社の配給により11月20日に公開が予定されています。

007公式チャンネル
ウェブサイト https://www.007.com
Instagram https://www.instagram.com/007/
Facebook https://www.facebook.com/JamesBond007JP/
Twitter https://twitter.com/007movie_JP
 
 

 | トライアンフ名古屋イースト 記事一覧はこちら |  | ニュース 記事一覧はこちら |