全ブランド

  • トライアンフトライアンフ
  • ドゥカティドゥカティ
  • MV AGUSTAMV AGUSTA
  • インディアンモーターサイクルインディアンモーターサイクル

東京モーターサイクルショー 2014 レポート!

先日、大阪と東京で年に一度のモーターサイクルショーが開催されました。いずれも話題のモデルがたくさん出展されていて、とても見応えのあるショーでした。今回はそのうち、東京モーターサイクルショーの様子を、モトスクエアの取扱車種を中心に紹介します!

triumph_02.jpg

トライアンフは広々としたブースに、新型デイトナ675R、ストリートトリプルR、新型サンダーバード コマンダーやサンダーバード LTなどをブース正面にズラリと並べたほか、現行ラインナップのほとんど全てが実際にまたがれる状態で用意されていました。個人的にはエースカフェがグラフィックをデザインした新型デイトナ 675Rや、同じくデイトナ675Rのレース仕様、それに3連ヘッドライトのサンダーバード LTに興味津々でした。

triumph_03.jpg

ducati_02.jpg

ドゥカティブースでの注目はやっぱりNew モンスター 1200S! 外観イメージは現行モデルと大きく変わっていないので、現行が好きな人もきっと気に入ると思います。でもフレームは全面変更され、エンジンもパワフルな水冷タイプに変更されています。日本での発売は今秋の予定です。今から楽しみです。

ducati_01.jpg

mv-agusta_02.jpg

MV アグスタは、赤いパネルに囲まれたオシャレなブースに、話題のブルターレ 800 ドラッグスターやリヴァーレ 800などなど、現行モデルがほとんど全部出展されていました。どのモデルも人気でしたが、個人的にはファッションデザイナーの荒川 眞一郎さんが外装をコーディネイトしたスペシャルなリヴァーレ 800を凝視してしまいました。

mv-agusta_01.jpg

vespa_03.jpg

ピアッジオグループのブースでは、新型ベスパ プリマベーラ 125 が主役。モダンなのに、どこから見てもベスパというデザインは、男性からも女性からもたくさんの注目を浴びていました。その隣では、アプリリア RSV4 R APRCと、それにそっくりのWSB仕様が一緒に展示されているのが面白かったです。

aprilia_01.jpg

他にもたくさんのニューモデルが出展されていましたが、そのうちの多くはモトスクエアでも展示中です。ショーに行けなかった方は、ぜひモトスクエアにお寄りいただき、実車をご覧ください! モーターサイクルショー会場より、じっくり見れるかもw、です。スタッフ一同、お待ちしております。

 
 

 | ニュース一覧はこちら |